ロゴ

スパゲッティーだけではないイタリアン

食事のジャンルと言えば和食・洋食・中華が一般的でしたが、最近定番ジャンルとして定着しつつあるのがイタリアンですよね。六甲道でイタリアンを食べたいとお考えの方のために、イタリアンの基本的な知識をまとめました。

イタリアンの基本構成

ピザ

アンティパスト

イタリア料理は1品ずつ順番に提供されるスタイルです。その中で一番最初に出てくるのが前菜です。アンティパストの代表的なものは生ハムメロンです。基本的に食べ終わった後にメインのパスタが来ることが多いので、軽い一品となります。

プリモピアット

アンティパストの次に出てくるのがプリモピアットという主食です。パスタやリゾットが一般的で、イタリアンというとこのプリモピアットのイメージが強いかもしれません。

セコンドピアット

セコンドピアットは主菜である、肉や魚です。あまりイタリアンに魚や肉のイメージはありませんが煮込みや焼きなど多彩な料理があります。ローストビーフやアクアパッツァ、牛の煮込みなどが出されることが多いです。

コントルノ

主菜の後か主菜と同時に出されるのがコントルノです。野菜料理が基本でサラダやソテーです。イタリアのサラダはオリーブオイルや塩や故障を自分でかけて食べるのが特徴です。

ドルチェ

ドルチェという言葉が最近は広まり、デザートという意味をご存知のかたも多いと思います。ドルチェはとても多くの種類があり、イタリア人のみならず世界中の人々を魅了しています。しかし、本場ではフルーツもドルチェとして出てくることが多いそうです。しかも果物が皮がそのままで切らずに提供されます。お客さんがナイフで皮を剥くスタイルは日本人にとってはかなり斬新ですね。

イタリアのドルチェ一覧

  • ティラミス
  • パンナコッタ
  • ジェラート
  • カンノーリ
  • グラニータ
  • アフォガート
  • パンドーロ
  • トルタ・アル・チョコラート
  • パネットーネ

イタリアンの基本と代表的な料理について!

イタリアン

イタリアンのマナー

安価であまり気取らずに食べられるのがイタリアンの良いところですね。そう言っても気になるのがマナーですので、ここでは基本的なマナーを紹介します。まず、イタリアンではナイフとフォークはどれを使っても良いのです。置き場がある時は食べ終えたらそこに置き、無い時はフランス料理と同じように右端に揃えておくようにしましょう。また、スパゲッティーはフォークにくるくると巻いて食べます。あまり多すぎるとソースが口の周りについてしまうので、気をつけましょう。スープは手前から奥にすくいます。音を立てるのはNGですよ。逆に気にしなくていいマナーとしては、手を使って食べたり、一皿を分けて食べるのはマナー違反にはなりません。六甲道でイタリアンを食べる時には参考にしてみてくださいね。